電話番号 ロンドン:+44(0)20-3384-0196。東京:+81(0)3  -6890-8578、+81(0)50-5806-0627。

UK VISA TODAY

イギリスビザスペシャリストのASTONSが、
ビザ取得に関する最新事情やイギリスの社会情勢、
弊社での実績、コンサルタントのご紹介など配信しています。

ビザ情報

イギリスで起業する -イミグレーションの観点から Tier 1 Entrepreneur ビザ-

第二次世界大戦後の労働力不足を補うために移民として入国してきた世代「ウィンドラッシュ世代」の入国記録の大量紛失問題を受けて、Home Office(内務省)では内務大臣が交代するなど、イギリス国内では移民問題がさらに注目を集めています。

移民削減政策からEU離脱と、日本人をはじめとする非EEA国籍者を取り巻くイミグレーションの状況は決して楽観できるものではありませんが、一方で投資市場の充実、起業のための土壌など投資やビジネスにおけるイギリスの優位性は他のヨーロッパ諸国と比較しても未だ大変魅力的であるといえるでしょう。

そこで今回は、イギリスでの起業についてイミグレーションの観点からTier 1 Entrepreneurビザ申請の最新の状況についてお伝えいたします。

——————————–

2016年にEU離脱が決定され、先行きの不透明さから経済・ビジネスに対する懸念が広がったイギリス。しかし、長らくヨーロッパにおける金融ハブとしてまた不動産投資先として築いてきた世界的地位とビジネスの世界では公用語となる英語での人材確保の容易さなどから、近年でもイギリスはグローバル企業、とくにテック産業の新たな参入・事業拡大などがみられ、ますます活性化しています。

政府などの行政機関や銀行などの金融機関も投資や起業に対する前向きな姿勢を強めており、法律・イミグレーションの面にもそれが表れています。

イギリスで日本人をはじめとする非EEA国籍者が起業する場合、Tier 1 カテゴリに属するTier 1 Entrepreneurビザ(以下、起業家ビザ)を取得する必要があります。

起業家ビザを申請するための条件は大きく分けて4つのカテゴリがあります。第一に起業資金に関する条件、第二には起業するビジネス、あるいは起業家としての正当性、第三は英語力、そして最後は生活資金の証明となります。

それぞれの条件についてはイミグレーションルールで細かく定められており、また個々の状況によって適用されるルールが異なってくるため詳しい説明は本稿ではいたしませんが、例えば一番重要になる起業資金に関しては、最低£200,000を準備する必要があります。

この金額は日本円にして約2千900万円ほどとなり、個人で起業する場合の準備資金としては高額と捉えられることもあるかと思いますが、投資家などの第三者から資金提供を受ける、あるいはチームを組むことによって起業資金を分担するなどといったことも可能です。

第二の条件である、起業ビジネスあるいは起業家としての正当性を証明するというのは、予定しているビジネスがどれだけ現実性があるのかということが問われます。

これを証明するためにはビジネスプランを提出するなどしてイギリスでの事業展開や見込みを具体的に説明していく必要がありますが、イギリスは金融や不動産だけでなく、ファッションやアート、エンターテイメントなどの文化産業からITやテクノロジー分野など多様なビジネスを生み出してきたこともあって、大小を問わずさまざまなビジネスを培うだけの土壌と環境が整っています。アイデアを具体的なビジネスプランへと落とし込むことができれば、正当性の条件を満たすことはそれほど高いハードルとはならないでしょう。

さらに第三の英語力の条件については、今現在の起業家ビザ申請の条件としてCEFR(Common European Framework for Language Learning) B1レベルが要求されています。B1レベルは就労ビザの中でもTier 2 Generalビザの申請時や永住権申請時に求められるレベルであり、多くの申請者が満たすことができるものです。実はこの条件は当初B2レベルが最低条件として設定されていましたが、起業家ビザ申請を推進する目的で数年前にB1レベルへと引き下げられたという経緯があります。このことからも、起業家に対するイギリス政府の前向きな姿勢を見て取ることができます。

イギリスのイミグレーションルールでは、ビザ申請のための条件が細かく設定されており、また個々の状況によって当てはまる条件や証明するための必要書類が異なってくるため、時には非常に難解でビザ申請そのものが困難となる場合がでてきてしまいます。

特に起業家ビザの場合は、初回ビザ申請時だけでなく延長時にはさらに細かく条件が設定されており細心の注意が必要です。そのため、初回のビザ申請から渡英・起業、その後のビザ延長まで専門家と二人三脚での取り組みが、起業家ビザでのイギリス滞在をスムースなものにするための鍵となるでしょう。

ASTONSでは、これまでに様々な分野で活躍される起業家の方々のビザ申請・延長手続きのサポートを提供してまいりました。豊富な経験からイミグレーションルールを分かり易くご説明しながら、申請までの最善の道をアドバイスさせていただいております。

イギリスでの起業や支社設立をお考えの際はぜひ一度弊社までお気軽にお問い合わせください。

イギリスの移民法に特化した経験豊富なスペシャリストが最新の情報を元にアドバイス・申請サポートを提供しております。ビザに関する疑問や不安など、小さなことでもどうぞお気軽に、またお早めにご相談ください

一覧へもどる >
電話番号 ロンドン:+44(0)20-3384-0196。東京:+81(0)3  -6890-8578、+81(0)50-5806-0627。